社会保険労務士の仕事の特徴

社会保険労務士の仕事の特徴

開業社会保険労務士の場合、その事務所によって、専門業務は様々です。

しかし、多くの社会保険労務士事務所は、「労務顧問」を主な業務としています。

この業務は、顧客となる会社(個人事業の場合もあります)と、顧問契約を結び、その会社に起こる労務問題の対処や社会保険の手続きなどを行うものです。

「顧問」ですから、毎月、一定の収入(顧問報酬)が入ってきます。

事務所によっては、その会社と給与計算業務の契約を結ぶケースもあり、そうすれば更に多くの定収入が期待できます。

こうした顧問先を多く持つことで、事務所の経営は安定します。

顧問契約以外の仕事は?

労務顧問の仕事以外の社会保険労務士の仕事としては、助成金の請求や就業規則の作成、年金関係の業務などがあります。

こうした業務は、その時限りのものになります。

ですから、助成金請求業務を事務所の主業務にしようとすると、継続的に営業をし、次々と新規の仕事を取っていく必要が出てきます。

しかし、こうした業務は、比較的、報酬の単価が高いため、営業成果によっては、大きく収入を上げることもできます。

顧問契約のメリットは?

さて、会社と顧問契約を結んでいるということは、色々なメリットを伴うものです。

第一に、先程お話ししたように、毎月の安定収入があることです。

第二に、顧客である会社との結びつきが強くなるため、仕事につながる情報が入りやすくなることがあげられます。

社会保険労務士と顧問先とは、どうしても、定期的に連絡を取ることになります。

社員の入社や退社の連絡、社内で起こった労務問題の相談、また給与計算をしている場合は、そのデータのやり取りなど、頻繁な連絡が行われます。

そうした日常的な連絡事項の話の中で、時々ですが、助成金請求につながる情報などが入ってくることがあります。
また、社長や社員の年金に関する仕事が出てくることもあります。

このように、会社と顧問契約をしているということは、その会社と深く付き合うことになるため、別業務の受注につながりやすいのです。

広告