3/6ページ

3/6ページ

社会保険労務士の求人でよくある間違い

社労士の求人募集、間違った解釈をしている? 社会保険労務士試験の合格発表前後から、インターネットでは「社会保険労務士 求人」というキーワードで検索する人がグッと増えます。 企業に勤めていて、社会保険労務士の資格を取得したのであれば、就職先を探す必要はありませんが、社会保険労務士の資格を生かして就職す...>>続きを読む

大学・短大・高専卒は社労士の受験資格あり

社労士の受験資格には学歴が必須? 社会保険労務士の受験資格のひとつに「学歴」の要件が掲げられています。 数ある難関資格の中には「大卒」が基準となっているものが多い中、社会保険労務士試験の場合には必ずしも大卒でなくとも、「短大」や「高専」、「専門学校」卒といった受験資格が認められているのが特徴的である...>>続きを読む

社会保険労務士試験の科目と合格ライン

「社会保険労務士試験は難易度が高い」と言われる根拠の一つに、試験科目の多さがあげられることがあります。 試験科目は、このようなラインナップです。 試験科目 1. 労働基準法及び労働安全衛生法 2. 労災保険法(労働保険徴収法を含む) 3. 雇用保険法(労働保険徴収法を含む) 4. 健康保険法 5. ...>>続きを読む

過去問の具体的な学習法は?

具体的な過去問の勉強法 まず過去問は、最低でも10年分くらいは学習して下さい。 10年分くらいの勉強すれば、本試験での出題傾向を掴めると思います。 次に5回以上は繰り返し、学習してほしいと思います。 よく過去問を学習しても、本試験に合格出来なかったという方がいますが、復習が足りてません。 とてもじゃ...>>続きを読む

社労士の一般常識(労働一般編)

一般常識の壁 多くの受験生が悩む科目が、この一般常識です。 一般常識といってもあくまでも社会保険労務士の一般常識です。 内容を見ていると、何処が一般常識なのかまったく理解できなく、その上、法改正も頻繁にあり、勉強すればするほど、厄介に感じてしまいます。 そこでこのページでは一般常識対策のコツを紹介致...>>続きを読む

1年で合格を決める鉄則

勉強の仕方の大前提として、社会保険労務士の学習は「理解」を中心に進めてください。 もちろん暗記が必要な個所もたくさんあります。 しかし「理解」が前提にない闇雲な暗記は、いくら勉強時間を費やしても記憶に定着してくれません。 大切なことは枝葉末節にとらわれることなく、まず条文を理解することです。 法律と...>>続きを読む

社労士は「知識でサポート」「理想的な働き方ができる」など魅力はたっぷり

社会保険労務士のやりがい・魅力とは? さて、本サイトではこれまで社会保険労務士の年収を中心に、開業の実際のところについてあれこれご紹介してきました。 結論からいえば「社会保険労務士の年収は人それぞれ」であり、どの程度稼げるか等の可能性はご自身に委ねられています。 年収だけに注目すれば、ひょっとすれば...>>続きを読む

社会保険労務士の勉強時間を、3ヶ月以下しかない激短期で計画! 

4月や5月に、初めて社労士という資格のことを知ったばかりだったら、受験したくなったのがぎりぎりの時期だった~、なんてことが実際に起こってしまいます。 次の年の合格を目指したほうが無難ではありますが、それでも受験のチャンスをみすみす逃すのももったいないですね。 というわけで、残り3ヶ月未満しかないよう...>>続きを読む

合格するための勉強法

社会保険労務士試験は、8つの大きな法律やそれに関連する一般常識、最新の白書や統計など膨大な範囲から出題され、合格するためにはそれらの情報と日々格闘し、何とか頭に詰め込まなければなりません。 効率よく頭に入れるためには、どのように学習したらよいのでしょう? それでは、法律を学習する順番について考えて見...>>続きを読む

ダブルライセンスは必要?

ダブルライセンスは取得するべき? 社会保険労務士として開業する際、もしくは開業後、さほど経験や営業力に自信のない方の場合、 「ダブルライセンスでないと厳しいのでは」 「もっと他に資格でも取った方が良いのではないか」 と考えがちになります。 確かに、開業社会保険労務士として第一線で活躍している先生方の...>>続きを読む

1 3 6