就職に社会保険労務士資格を生かす

就職に社会保険労務士資格を生かす

社会保険労務士の求人広告には、

「社会保険労務士資格必須」
「社会保険労務士資格所持者優遇」

といった記載が見られることがあります。

こうした求人は、大半が、下記のような人材募集です。

  • 社会保険労務士事務所や社会保険労務士法人の補助者募集
  • 事務系アウトソーシング会社の給与計算担当者募集
  • 総務・人事部の業務担当者または責任者募集
  • 資格予備校の講師募集

総務部や人事部の責任者や給与計算担当者の募集の場合は、有資格者であるとともに、業務経験者であることも、併せて求められることが多いようです。

他の士業と比べて

さて、求人市場での「社会保険労務士資格保持者」の需要は、かなりある様子です。

似たような資格の「行政書士」や「司法書士」の有資格者の求人が、概ね行政書士事務所や司法書士事務所の補助者募集に限定されている(もちろん例外はありますが)ことに対し、社会保険労務士の有資格者の求人は、社会保険労務士事務所の補助者募集だけでなく、その他の一般企業からのものも多いからではないかと思われます。

求められているスキル

一般企業が、勤務社会保険労務士に求めているスキルは、このような感じでしょう。

  • 社会保険の事務手続きができる
  • 給与計算業務ができる
  • 労働関係の知識があり、社内に起こるトラブルに対処できる

上記のうち、特に求人数が多いのは、「給与計算業務」のようです。

給与計算業務の業務経験があり、かつ社会保険労務士資格を持っている人は、かなり有利に就職活動を進められるのではないかと思います。

ですから、安定した就職を目標にしている人は、社会保険労務士資格を取るとともに、給与計算スキルも身に着けておくと、後々便利なこともあるかもしれません。

資格だけでなく経験も必要

求人数の多い社会保険労務士有資格者ですが、業務経験が全くない人だと、やはり就職は厳しくなると思います。

「社会保険労務士資格は取ったけれど、総務部や人事部での勤務経験も、社会保険労務士事務所での勤務経験もない」という人です。

こうしたケースでは、年齢が若ければともかく、40歳以上になってくると、有資格者であっても少々就職が限定されてくると思われます。

ですから、有資格者で業務未経験の場合は、安定した就職口を探す前に、アルバイトなどでもよいので最低でも半年程、実際の業務を経験しておくと、その後の就職が比較的スムーズになるかもしれません。

広告