試験

社会保険労務士になるには?

社会保険労務士になるためには? 社会保険労務士になるには、まず、社会保険労務士の国家試験に合格する必要があります。 ただし、弁護士資格を有している人は、社会保険労務士試験を受験することなく、弁護士資格を所持していることを以って、社会保険労務士としての全国社会保険労務士連合会の名簿への登録ができます。...>>続きを読む

社労士の受験資格は、学歴以外に法人役員もしくは事務従事者

社会保険労務士試験の受験資格は学歴の他、所定の「実務経験」を満たすことによっても可能です。 実務経験で受験資格を取得 そのひとつに、「労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く。)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者」という要件が挙げ...>>続きを読む

試験科目について

社会保険労務士の試験科目と出題数(いずれも平成21年)は以下のようになってます。 社会保険労務士の試験科目 <科目> <出題数> 労働基準法及び労働安全衛生法 選択式1問 択一式10問 労働者災害補償保険法 選択式(3科目で)1問 択一式7問 労働者災害補償保険法 選択式 ↑   択一式7問 雇用保...>>続きを読む

社会保険労務士って難しい試験のか?

社会保険労務士って難しい試験? 社会保険労務士の難易度に関しては様々な意見があり、一概にいうことはできませんが、数ある国家資格の中では難しい部類に入り、決して簡単な試験ではありません。 というよりも、個人的な意見を言うと、かなり難しいと思います。 まず、社会保険労務士の合格率ですが、毎年平均すると7...>>続きを読む

選択式の対策について

社会保険労務士試験の試験形式には、「選択式」と「択一式」の2種類があり、選択式は受験生を最も悩ませる形式です。 社会保険労務士の選択式とは 文章中の空欄に当てはまる語句を用意された語群から選んで解答する穴埋め問題。 科目ごと、総得点ともに基準点あり。(両方をクリアしなければならない) 科目ごとの基準...>>続きを読む

大学・短大・高専卒は社労士の受験資格あり

社労士の受験資格には学歴が必須? 社会保険労務士の受験資格のひとつに「学歴」の要件が掲げられています。 数ある難関資格の中には「大卒」が基準となっているものが多い中、社会保険労務士試験の場合には必ずしも大卒でなくとも、「短大」や「高専」、「専門学校」卒といった受験資格が認められているのが特徴的である...>>続きを読む

社会保険労務士試験の科目と合格ライン

「社会保険労務士試験は難易度が高い」と言われる根拠の一つに、試験科目の多さがあげられることがあります。 試験科目は、このようなラインナップです。 試験科目 1. 労働基準法及び労働安全衛生法 2. 労災保険法(労働保険徴収法を含む) 3. 雇用保険法(労働保険徴収法を含む) 4. 健康保険法 5. ...>>続きを読む

社労士の一般常識(労働一般編)

一般常識の壁 多くの受験生が悩む科目が、この一般常識です。 一般常識といってもあくまでも社会保険労務士の一般常識です。 内容を見ていると、何処が一般常識なのかまったく理解できなく、その上、法改正も頻繁にあり、勉強すればするほど、厄介に感じてしまいます。 そこでこのページでは一般常識対策のコツを紹介致...>>続きを読む

社会保険労務士試験概要

みなさんが1年半から2年間の学習を経て挑戦するのが下記の試験です。 よく理解し、把握しておきましょう。 社会保険労務士試験の概要と出題科目 試験実施日  : 毎年8月第4日曜日 実施場所  : 試験センターが指定する全国の会場にて実施 受験費用  : 9,000円(郵便局窓口で郵便振替にて納付) 申...>>続きを読む

社会保険労務士への受験を決意する前に

実際に社会保険労務士試験への受験を決意し、通信講座を選ぶ前に必ず確認して欲しいことがあります。 それが、みなさんが社会保険労務士試験を受験できるかどうか、つまり、受験資格があるか否かということです。 社労士は受験資格が必須 実は社会保険労務士試験とは、同じく士業である行政書士や人気の国家試験である宅...>>続きを読む