勉強

1/2ページ

模擬試験は受けよう!

社会保険労務士試験は、いわゆる相対評価の試験で、あらかじめ合格枠が決められており、成績上位者から合格させる方式で、合否判定をします。 ですから点数そのものも大事ですが、「自分が全体の中のどの位置にいるか」を把握していた方が試験攻略として有利だと思われます。 そこで利用できるものが、「模擬試験」です。...>>続きを読む

社労士試験勉強、やる気が起きる10の方法!

出題科目の多い社会保険労務士試験には、合格までに必要な勉強時間が800~1200時間とされ、また2、3度(年)の受験も当たり前とされる難関です。 最後に、それまでの長丁場を乗り切るためのやる気を出す10のテクニックを紹介します。 このテクニックを活用し、是非、「合格」を勝ち取って下さい! 長丁場を乗...>>続きを読む

社会保険労務士に独学で合格する

よく「社会保険労務士の資格受験は独学では無理だ」という記事を目にしますが、はたして、それは本当でしょうか? 社会保険労務士に独学で合格することは、決して不可能ではありません。 先に結論を言ってしまうと、その人個人による、という部分がとても大きいのです。 そんなの当たり前だ!と言われてしまうかもしれま...>>続きを読む

社会保険労務士の合格率と勉強時間の深い関係

社会保険労務士の試験を受ける人たちは、よく勉強時間のことを気にしています。 どうして勉強時間の長さや量が気がかりになってしまうのでしょうか? その答えは至極単純なもので、社会保険労務士はとにもかくにも試験が難しくて、合格率が低いからです。 社会保険労務士の合格率は近年に絞って見つめるだけでも、ちょっ...>>続きを読む

社会保険労務士の勉強時間は正直いくら必要?

「社会保険労務士に興味はあるものの、合格に必要な勉強時間がいくらくらいなのかによって受けるか受けないかを決めたい」という人たちのために、ここでありのままの現実を書いておきます。 社会保険労務士に受かるための勉強時間は? しかし、これは厳密な正解を出せるような質問ではありません。 人によって必要な勉強...>>続きを読む

勉強スケジュールを立ててみる

スケジュールを立てることは、なぜ大事なのか? それは、言ってみれば、安心のためだと言えます。 人間、一人で勉強していると、とにかく雑念が入ります。 独学の人は、特にそうだと思います。 「こんなペースでいいのかなあ?」 「他の人は、もっと進んでいるんだろうなあ。」 そうした雑念は、勉強の邪魔にしかなら...>>続きを読む

ひとつの科目にこだわり過ぎない

社会保険労務士の独学において、最大のポイントは「理解できない箇所にどう対処するのか」という点だと思います。 社会保険労務士の独学のポイント 「一連の流れに沿って学習してきたはずなのに、いつのまにか分からなくなっている」 「何度テキストを読んでも、いっこうに理解できない」 社会保険労務士に独学で挑戦す...>>続きを読む

過去問の具体的な学習法は?

具体的な過去問の勉強法 まず過去問は、最低でも10年分くらいは学習して下さい。 10年分くらいの勉強すれば、本試験での出題傾向を掴めると思います。 次に5回以上は繰り返し、学習してほしいと思います。 よく過去問を学習しても、本試験に合格出来なかったという方がいますが、復習が足りてません。 とてもじゃ...>>続きを読む

1年で合格を決める鉄則

勉強の仕方の大前提として、社会保険労務士の学習は「理解」を中心に進めてください。 もちろん暗記が必要な個所もたくさんあります。 しかし「理解」が前提にない闇雲な暗記は、いくら勉強時間を費やしても記憶に定着してくれません。 大切なことは枝葉末節にとらわれることなく、まず条文を理解することです。 法律と...>>続きを読む

社会保険労務士の勉強時間を、3ヶ月以下しかない激短期で計画! 

4月や5月に、初めて社労士という資格のことを知ったばかりだったら、受験したくなったのがぎりぎりの時期だった~、なんてことが実際に起こってしまいます。 次の年の合格を目指したほうが無難ではありますが、それでも受験のチャンスをみすみす逃すのももったいないですね。 というわけで、残り3ヶ月未満しかないよう...>>続きを読む