社会保険労務士の合格率と勉強時間の深い関係

合格率と勉強時間

社会保険労務士の試験を受ける人たちは、よく勉強時間のことを気にしています。

どうして勉強時間の長さや量が気がかりになってしまうのでしょうか?
その答えは至極単純なもので、社会保険労務士はとにもかくにも試験が難しくて、合格率が低いからです。

社会保険労務士の合格率は近年に絞って見つめるだけでも、ちょっとしんどいものがあります。

年度 受験者人数 合格者人数 合格率
平成22年度 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年度 53,392人 3,845人 7.2%
平成24年度 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年度 49,292人 2,666人 5.4%
平成26年度 44,546人 4,156人 9.3%
平成27年度 40,712人 1,051人 2.6%
平成28年度 39,972人 1,770人 4.4%
平成29年度 38,685人 2,613人 6.8%
平成30年度 38,427人 2,413人 6.3%
令和元年度 38,428人 2,525人 6.6%

どの科目も平均点を取ること

社会保険労務士の合格率は、この10年を通してほとんど10パーセントを超えていませんね。

10人に1人も通らないといったら、ベビーブーム世代の(つまり競争率の激しい時期の)一流大学受験に匹敵するものがあります。

しかも社会保険労務士の試験には、全体としての点数や合格率以外に落とし穴があります。

実はただ総合得点の高い順に合格させてもらえるわけではありません。

社会保険労務士の試験にはたくさんのカテゴリ(科目)がありますが、どの科目でも点数をまんべんなく取れていないといけないのです。

実は科目ごとに基準点が決められるので、その基準点に達しなかった科目があったらそれだけで不合格になります(他の科目がどんなによくできていても、満点であっても、です)。
裏を返すなら、オールラウンダーにならないといけません。

得意科目で点を稼ぎまくって、苦手科目をカバーして逃げ切り合格を果たすような戦法は、社会保険労務士の試験ではありえないのです。

社会保険労務士の合格率の低さの背景には、そんなシビアな決まりごともあるわけです。

それでも、そのことがこうして世間に知れ渡っているのですから、受験する側としては対策をとれます。

社会保険労務士の合格率は低いですが、必ず常時全受験者の上位数パーセントの中に居続けるようにすることが、確実に受かる方法だといえます。

それをやるにはどんな勉強法が必要か、限られた勉強時間をどう使うかを考えて選ぶ必要があります。