社会保険労務士への受験を決意する前に

ここまで通信講座の魅力をはじめ、ユーキャンとフォーサイトという2大通信講座の比較など、社会保険労務士試験における受験のための学習法について述べさせていただきました。

しかし、実際に社会保険労務士試験への受験を決意し、通信講座を選ぶ前に必ず確認して欲しいことがあります。それが、みなさんが社会保険労務士試験を受験できるかどうか、つまり、受験資格があるか否かということです。

実は社会保険労務士試験とは、同じく士業である行政書士や人気の国家試験である宅建とは違い、誰もが受験できる試験ではありません。社会保険労務士試験には、学歴や職歴による受験資格が設けられているのです。

まず、学習を始める前にみなさんが行うべきことは、自身に社会保険労務士試験の受験資格を満たしているかどうかを確認することです。下記に受験資格を列記しますので、自身の経歴と照らし合わせてみて下さい。

<学歴資格>

  • 大学の一般教養科目の修了者及び短期大学や高等専門学校卒業者
    ※学士の学位を取得した者であれば、在学中でも可
  • 旧制高等学校、大学予科、専門学校の卒業者
  • 旧制高等学校、大学予科、専門学校の卒業者

<職歴資格>

  • 社会保険労務士(同法人)、または弁護士(同法人)の補助事務経験が通算3年以上ある者
  • 公務員(国家、地方)として行政事務経験が通算3年以上ある者
  • 会社役員として、労務担当期間が通算して3年以上ある者
  • 労働組合の職人、あるいは会社、個人事業の従業員として、厚生労働省で定められた事務経験が通算して3年以上ある者

<国家資格関連>

  • 行政書士試験の合格者
  • 司法試験の1次試験合格者や高等予備試験合格者

残念ながら上記の条件をひとつも満たしていない場合、社会保険労務士試験の受験は不可能です。通信講座の受講料を支払ってから自分に受験資格が無かったことが明確になったなんてことがないよう、通信講座を受講する際、いえ、社会保険労務士試験を決意する前に、必ず受験資格を確認しましょう

<< 前のページ次のページ >>

>>これが現在ベストといえる勉強法<<