フォーサイト社会保険労務士講座の魅力

続いて、今、ネットなどの口コミで話題となっている、新進気鋭の通信講座フォーサイトについて、その魅力を検証していきましょう。

フォーサイトの魅力といえば、リーズナブルな受講料がその筆頭。社会保険労務士講座でも、テキストと講義、問題集と解説がセットになって、CDコースが60,500円、DVDコースが66,800円、そして、CD+DVDコースでも78,100円と、いずれのコースであれ、ユーキャンの79,000円(DVDつき)を下回る価格設定となっています(2015年3月現在)。

しかも、キャンペーンも頻繁に実施しているため、タイミングによってはよりリーズナブルなキャンペーン価格で受講することが可能です。
なお、この価格は、CMなどの宣伝費をはじめとするコストを極力抑えたことにより実現したもの。「宣伝よりも中身で勝負!」というスタンスのようです。

また、教材のベースとなるテキストは旧来型の出題範囲を全網羅した単行本のような厚さはなく、近年の出題傾向が反映され合格に必要な単元のみを厳選し掲載した、いわば〝合格主義〟のテキスト。そのボリュームも旧来型に比べ2/3程度とスマートに。判型もB5サイズのため携帯性は抜群です。

誌面もユーキャン以上にわかりやすさを追求した編集です。図表を多用することはもちろん、何と〝業界初〟となるフルカラーを採用。より視覚的なわかりやすさが向上し、初学者であれ無理なく学習を始めることが可能です。

最先端のデジタル学習メディアを提供

テキスト以上に学習効果を高めてくれるのが、CDとDVDのいずれかを選ぶことが出来る講義メディアの存在です。講義メディアがあれば、資格予備校同様の講義が自宅や屋外でも受講できるわけですから、これほど学習効果を高めてくれる教材はありません。

実際にユーキャンのテキストオンリーの学習で受験に失敗した私にとって、フォーサイトの講義メディア(私はDVDでした)の存在はとても有り難く、これがあったから合格できたといえるほど理解力を高めてくれました。

さらに、パソコンで利用できる無料の学習支援システム「道場破り」は、○×形式のゲーム感覚で行える確認テストをはじめ、用語集に単語カードなどの学習コンテンツ。そして、学習スケジュールの管理や講師への質問箱などサポートコンテンツも充実と、サブの学習にもってこいです。

こうした、IT技術を駆使した学習コンテンツが豊富なこともフォーサイトの特徴のひとつであり、パソコンや携帯電話を日常的に使いこなしている受講生から支持される要因であると思います。

迅速な解答などサポート体制も充実

サポート体制もユーキャンに劣らぬ充実度です。質問はメールで行うのですが、しかも何よりその対応の早さに驚きました。私が出社前にメールした質問の回答が、翌日には返信されてきた時には感動すら覚えました。その回答の早さはユーキャンには無かったように記憶しています。

また、学習のガイド本は「入門編」、「戦略立案編」、「合格必勝編」と3冊も用意されており、いかにして学習を開始し、挫折することなく継続し合格を勝ち取るか、その効果的なテクニックやノウハウが詳細に提案されています。

このように列記してみると、フォーサイトは実にコストパフォーマンスが高く、受講生目線で作成された教材とカリキュラムを提供してくれる希有な講座であることを再認識させられました。

<< 前のページ次のページ >>

>>これが現在ベストといえる勉強法<<