常に一定量の求人あり、独立開業の選択肢もあり

社会保険労務士資格を取得して仕事につなげようという皆さんであれば、すでに求人情報等をチェックされている方もいらっしゃるかもしれませんね。


「探してみると結構ありそうだ」
「自分が住んでいる地域にはあまりないかもしれない」
「そもそも社会保険労務士の求人なんてどこを探せば良いんだろう」


等々、実際に行動してみると様々思うところはあるでしょう。
もちろん、求人広告を探す時期に依っても、状況は変わってくるかもしれませんね。

fd4c137834e86d148936d9111c40682a_s


注目すべきは「人事部」「総務部」の求人

社会保険労務士の求人を探す場合のキーワードは、“社会保険労務士”ではありません。
事務所への就職・転職を希望している場合には“社会保険労務士事務所”の求人を探せば良いのかもしれませんが、一般企業における関連業務であれば「人事」「総務」などの部署の求人に注目してみると、社会保険労務士に関わる求人を見つけることができると思います。


社会保険労務士関連の求人は、一般的には「さほどないのでは」といったイメージがあるようですが、実際には年間を通して一定のニーズがあります。
企業において“人の管理”に関わる仕事は絶えることはありませんから、取得しておくと就職や転職に役立つこと間違いなしです。



条件的に合わなければ「独立・開業」も視野に入れるべし

しかしながら、社会保険労務士の求人は総じて「さほどお給料が高くない」といった印象があります。
企業であればその会社の一般的な社員程度は保証されているイメージですが、社会保険労務士事務所の求人にのみ注目するとだいたい月額20万円弱が相場となっており、さほど高額報酬は見込めなさそうです。


お住まいの地域にあまり社会保険労務士関連の求人がない場合、独立開業して自分自身でビジネスを始める選択肢もあります。
せっかく独立が可能な士業資格を取得したのですから、チャレンジされてみるのも良いでしょう。

もちろん、独立開業となればお給料は保証されておらず、当初は収入や仕事獲得に苦戦されることばかりだと思います。
しかしながら、自分自身のやりたいように働けるという魅力もあります。
少なからず、「ゆくゆくは自分で」と思ってこの資格を取得したのであれば、今すぐ、思い切って飛び込んでしまうことも出来るわけです。
実務経験や人脈というのは、実際に開業してみると、必ずしもあらかじめ備わっている必要はないことが分かります。
ド素人だからと挑戦せずにいるのは、逃げ以外の何物でもありません。



社会保険労務士資格を取得して結局のところどうしたいか、がすべてです。
皆さんは、どんな働き方を目指しますか?

<< 前のページTOPページ >>

>>これが現在ベストといえる勉強法<<