あなたは独立社労士?勤務社労士?

独立社労士と勤務社労士

社労士は、大きく分けて、独立型と勤務型の2つに分かれます。

社労士は、本来独立開業型の資格なので、独立している方が多く、全体の約7割は独立社労士と言われています。

しかし、だからといって、無理に独立する必要ありません。

何処かの企業に就職して、自社内の労務管理を行なっても良いわけです。

実際に独立する勇気がなく、地道に会社員として仕事をしている方もたくさんいます。

それではどちらが良いということになりますが、目的によると思います。

将来を考えると独立がおすすめ

例えば、独立して普通の会社員では稼げないほどの年収を稼ぎ、精神的にも肉体的にも自由なライフスタイルを送りたいと言う方もいます。

大きく稼げなくても安定した収入がほしいので、企業に就職する方もいます。

後は、あなたの仕事に対する姿勢や考え方次第です。

しかし、将来的なことを考えれば、いずれは独立を目指すべきだと思います。

スキルと実績

社労士に限らず、すべての仕事に言えることですが、これからは会社に寄り添うのではなく、個人の力が求められてきます。

企業に勤めていれば、安泰だという時代は終わりました。

特に社労士のような専門的な仕事は、余計にその傾向にあります。

実力を付けるためには、独立して様々な企業に関わり経験していかなくてはいけないのです。

実力を付ける事が出来れば、リストラに合おうが、不況になろうが、企業が求めてくれるので、仕事が耐える事はありませんので、生活に困る事はなくなります。

対して、自分に実力がなく、その企業でしか求められなければ、安月給で長時間の労働を強いられるのです。

とにかく、独立社労士であろうが、勤務社労士であろうが、自分のスキルと実績を高められることを考えるべきです。