常に一定量の求人あり、独立開業の選択肢もあり

社会保険労務士資格を取得して仕事につなげようという皆さんであれば、すでに求人情報等をチェックされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

「探してみると結構ありそうだ」
「自分が住んでいる地域にはあまりないかもしれない」
「そもそも社会保険労務士の求人なんてどこを探せば良いんだろう」

等々、実際に行動してみると様々思うところはあるでしょう。
もちろん、求人広告を探す時期に依っても、状況は変わってくるかもしれませんね。

fd4c137834e86d148936d9111c40682a_s

注目すべきは「人事部」「総務部」の求人

社会保険労務士の求人を探す場合のキーワードは、“社会保険労務士”ではありません。
事務所への就職・転職を希望している場合には“社会保険労務士事務所”の求人を探せば良いのかもしれませんが、一般企業における関連業務であれば「人事」「総務」などの部署の求人に注目してみると、社会保険労務士に関わる求人を見つけることができると思います。

社会保険労務士関連の求人は、一般的には「さほどないのでは」といったイメージがあるようですが、実際には年間を通して一定のニーズがあります。
企業において“人の管理”に関わる仕事は絶えることはありませんから、取得しておくと就職や転職に役立つこと間違いなしです。

条件的に合わなければ「独立・開業」も視野に入れるべし

しかしながら、社会保険労務士の求人は総じて「さほどお給料が高くない」といった印象があります。
企業であればその会社の一般的な社員程度は保証されているイメージですが、社会保険労務士事務所の求人にのみ注目するとだいたい月額20万円弱が相場となっており、さほど高額報酬は見込めなさそうです。

お住まいの地域にあまり社会保険労務士関連の求人がない場合、独立開業して自分自身でビジネスを始める選択肢もあります。
せっかく独立が可能な士業資格を取得したのですから、チャレンジされてみるのも良いでしょう。

もちろん、独立開業となればお給料は保証されておらず、当初は収入や仕事獲得に苦戦されることばかりだと思います。
しかしながら、自分自身のやりたいように働けるという魅力もあります。
少なからず、「ゆくゆくは自分で」と思ってこの資格を取得したのであれば、今すぐ、思い切って飛び込んでしまうことも出来るわけです。
実務経験や人脈というのは、実際に開業してみると、必ずしもあらかじめ備わっている必要はないことが分かります。
ド素人だからと挑戦せずにいるのは、逃げ以外の何物でもありません。

社会保険労務士資格を取得して結局のところどうしたいか、がすべてです。
皆さんは、どんな働き方を目指しますか?

<< 前のページTOPページ >>

現在では報酬基準は撤廃、ただし未だに「相場」として基準は重視されています

社会保険労務士資格の取得を目指す上で、やっぱり気になるのが「収入」だと思います。どんなにやりがいのある仕事でも、やはり収入が伴わなければビジネスとしては成立しません。
本ページでは、社会保険労務士の報酬について、実際のところをご紹介したいと思います。

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_s

報酬は自分次第、独自の付加価値をつけて上を目指して

社会保険労務士の報酬は、ひと昔前までは一律で決められていました。
下記は大阪府社会保険労務士会が発行した報酬規程の抜粋です。

▼▽▼
http://www.netoffice.co.jp/oro/kitei.htm

現在ではこのような社会保険労務士の報酬基準は完全に撤廃され、個々で自由に報酬額の設定が出来る様になっています。
しかしながら、実態は概ね上記リンク先にある報酬を基準とする事務所が多いような印象です。
集客のために格段に安い報酬で業務を引き受ける社会保険労務士も若干いるようですが、こうした不当な報酬の引き下げは業界にとって絶対悪となりえますからオススメできません。

一方、上記基準を上回る報酬額設定をしている事務所もあります。
このような強気な社会保険労務士の場合、通常の業務にオリジナルの付加サービスをセットにすることで、依頼者も納得の上で高額な報酬を得ることに成功しているようです。

例えば、

・就業規則作成業務に、従業員への案内文作成もつける
・助成金申請業務には就業規則改訂もセットで提案する
・顧問契約先には、従業員用メール相談窓口も設ける

など、これらは一例ですが、通常の報酬+αを達成するために、思いつく工夫はいくらでも出てきそうですね。

社会保険労務士の報酬は自分次第です。皆さんはどんなふうにして、報酬アップを狙いますか?

<< 前のページ次のページ >>

“労務と社会保険のエキスパート”としてニーズは十分!

ところで、皆さんはなぜ数ある資格の中から「社会保険労務士」に注目されたのでしょうか?

「すでに人事・労務関連の仕事に就いていて、実務上必要だから」
「長年公務員として勤め上げ、一部試験免除で資格を取得できるから」

・・・等々、現職絡みの方もいらっしゃるかもしれませんが、おそらく大半の受験生は、社会保険労務士とは関係のない仕事に就いていて、資格取得を目指す方々だと思います。
何かのきっかけから「社会保険労務士」という資格を知り、目標にしてみようと考えたのではないでしょうか。

本ページでは、社会保険労務士の仕事内容とその将来性に触れたいと思います。

08e23b55a0048a8e6b342f572998903a_s

手続業務からコンサルまで、人事労務と社会保険の専門家

ひと口に「社会保険労務士」といっても、携わる仕事の幅は多岐に渡ります。

・何かと煩わしい労働保険と社会保険の手続き代行
・就業規則等の諸規定や労働者名簿・賃金台帳などの帳簿等の作成代行
・労務管理や経営に関わるコンサルティング
・労働問題にかかわるあっせん代理

上記が社会保険労務士の主な仕事とされていますが、この他にも執筆や講演、講師業をメインにされている方も少なくないようです。

実務上、上2つは「独占業務」とされており、社会保険労務士しかできないことになっていますが、近年、下2つ(コンサルやあっせん代理)への需要も確実に高まりをみせています。
労働分野と社会保険関連についての高い専門知識を持つエキスパートとして、活躍の場は今後一層広がっていくことでしょう。
士業資格については一部“人余り”などと言われていますが、少なくとも社会保険労務士についてはこれから資格を取得する方でも安心して活躍できる業界であると言えそうです。

実務の先輩に聞く!社会保険労務士のリアルなお仕事

社会保険労務士の仕事の実際は、やはりすでに業界で活躍している先輩に聞くのが一番です。というわけで、下記のページを参考にしてみてください。

▼▽▼

『社会保険労務士 実務家密着取材』

通信教育フォーサイトの公式ホームページ内の『実務家密着取材』は、資格取得後からいかにして事業展開をするに至ったか、その経緯が詳細に語られています。
また、業界に身を置く立場として、社会保険労務士という仕事の将来性や今後のニーズ等にも言及されているので、これから実務の世界に進む受験生のヒントにもなるのではないでしょうか?

<< 前のページ次のページ >>