講義メディアの高い学習効果

前ページで、CDやDVDといった講義メディアの存在が、ユーキャンとフォーサイトの優劣を付ける決定的な要因であると述べました。

とはいえ、講義メディアによる講義を受講されていない(であろう)皆さんには、その効果はわからないことでしょう。そこでこのページでは、講義メディアがいかに学習効果を高めるのか、その理由を紹介しましょう。

労務、社会保険、一般常識の3カテゴリー全8科目に及び、すべての科目で合格基準点が設けられる社会保険労務士試験の膨大な学習範囲をこなす上で、もっとも重要となるのが基礎知識の正確な修得にほかなりません。

脳を刺激し記憶力を高める講義メディア

しかし、膨大な社会保険労務士試験の学習範囲をテキストのみで理解し、記憶させるのは大変な時間と労力が必要です。しかし、そこに講義メディアを加えることで、より早く正確に基礎知識を記憶することが可能なのです。

それは、脳の記憶におけるメカニズムが密接に関係しています。というのも、記憶とは多くの感覚器官を使用し、脳への刺激が多く(強く)なることでより活性化され、記憶力が高まることが脳科学でも立証されています。

つまり、視覚のみを使用するテキスト学習よりも、視覚と聴覚を使用するDVDの講義メディアの方が効果的であることは明確です。しかも、静止画像のテキストに対し、動画による情報量はその何百倍、何千倍ともなり、より脳を刺激し記憶力を活性化してくれるのは想像に難しくありません。

また、フォーサイトの講義メディア(DVD講義)は、専用スタジオで複数のハイビジョンカメラにより撮影され、音声も編集段階でノイズ除去されているため、その画質と音質の品質は通信講座随一とされています。

さらに、講師の講義風景やテキストのポイント部のクローズアップ、講師によるパワーポイントでのポイント指示と、テレビ番組を見ているような躍動感のある編集が成されていて、飽きることなく視聴することが可能です。

視覚と聴覚により脳を刺激して記憶力を高め、さらには高画質・高音質で多彩な編集により飽きずに視聴できる講義メディアの存在が、必須の教材であることを理解してもらえたでしょうか。

<< 前のページ次のページ >>

合格主義のフルカラーテキストに
先進の講義メディアと手厚いサポート
全国平均を上回る驚異の合格率を実現する講座がココにあります!

ユーキャンとフォーサイトの決定的な違いとは

これまでユーキャンとフォーサイトの両講座について、概要やその魅力を語ってきましたが、みなさんは双方についてどのような印象を持たれたでしょうか。このページでは、私見ではありますが総論的なことを述べたいと思います。

まず、テキストはユーキャンが2色に対してフォーサイトはフルカラー、そしてサイズにボリュームも違いますが、これはみなさんの好みもあり一概にどちらが良いとは言えず、これはサポート体制の内容も同様です。

両講座の明らかな違いがあるのは、講義メディアの存在でしょう。詳しくは次ページで解説しますが、資格予備校同様の講義を自宅で受けられるメディア講義は、テキストオンリーとは格段の学習効果を生むため、講義メディアが簡単なガイドだけのユーキャンは大きなポイントダウンになることは否めません。

さらに、パソコンや携帯電話を活用した学習コンテンツを無料で使えることもフォーサイトの大きなメリットです。テキストが無くても自宅はもちろん、屋外でも学習できる環境は、多忙な社会人にとって実に有り難い要素です。

全国平均を大幅に上回る驚異の合格率

気になるのはユーキャンがホームページ上で合格率を公表していないことです。もちろん、目安でしかありませんが、受講生の合格率はその講座を検討する上で重要な判断基準となります。

そう考えた場合、フォーサイトが全講座の合格率をホームページ上で公開し、また、2014年の全国平均9.3%を大幅に上回る、30.6%という驚異の合格率を達成しているのは、実に見事な結果と言えるでしょう。

さて、これら要素を総合的に判断してみると、私にはフォーサイトが有利と思いますが、みなさんはどう判断されるでしょうか。それを確かめるためにも、実際に資料請求し、より詳細な情報を入手して自身の目で判断して下さい。

<< 前のページ次のページ >>

フォーサイト社会保険労務士講座の魅力

続いて、今、ネットなどの口コミで話題となっている、新進気鋭の通信講座フォーサイトについて、その魅力を検証していきましょう。

フォーサイトの魅力といえば、リーズナブルな受講料がその筆頭。社会保険労務士講座でも、テキストと講義、問題集と解説がセットになって、CDコースが60,500円、DVDコースが66,800円、そして、CD+DVDコースでも78,100円と、いずれのコースであれ、ユーキャンの79,000円(DVDつき)を下回る価格設定となっています(2015年3月現在)。

しかも、キャンペーンも頻繁に実施しているため、タイミングによってはよりリーズナブルなキャンペーン価格で受講することが可能です。
なお、この価格は、CMなどの宣伝費をはじめとするコストを極力抑えたことにより実現したもの。「宣伝よりも中身で勝負!」というスタンスのようです。

また、教材のベースとなるテキストは旧来型の出題範囲を全網羅した単行本のような厚さはなく、近年の出題傾向が反映され合格に必要な単元のみを厳選し掲載した、いわば〝合格主義〟のテキスト。そのボリュームも旧来型に比べ2/3程度とスマートに。判型もB5サイズのため携帯性は抜群です。

誌面もユーキャン以上にわかりやすさを追求した編集です。図表を多用することはもちろん、何と〝業界初〟となるフルカラーを採用。より視覚的なわかりやすさが向上し、初学者であれ無理なく学習を始めることが可能です。

最先端のデジタル学習メディアを提供

テキスト以上に学習効果を高めてくれるのが、CDとDVDのいずれかを選ぶことが出来る講義メディアの存在です。講義メディアがあれば、資格予備校同様の講義が自宅や屋外でも受講できるわけですから、これほど学習効果を高めてくれる教材はありません。

実際にユーキャンのテキストオンリーの学習で受験に失敗した私にとって、フォーサイトの講義メディア(私はDVDでした)の存在はとても有り難く、これがあったから合格できたといえるほど理解力を高めてくれました。

さらに、パソコンで利用できる無料の学習支援システム「道場破り」は、○×形式のゲーム感覚で行える確認テストをはじめ、用語集に単語カードなどの学習コンテンツ。そして、学習スケジュールの管理や講師への質問箱などサポートコンテンツも充実と、サブの学習にもってこいです。

こうした、IT技術を駆使した学習コンテンツが豊富なこともフォーサイトの特徴のひとつであり、パソコンや携帯電話を日常的に使いこなしている受講生から支持される要因であると思います。

迅速な解答などサポート体制も充実

サポート体制もユーキャンに劣らぬ充実度です。質問はメールで行うのですが、しかも何よりその対応の早さに驚きました。私が出社前にメールした質問の回答が、翌日には返信されてきた時には感動すら覚えました。その回答の早さはユーキャンには無かったように記憶しています。

また、学習のガイド本は「入門編」、「戦略立案編」、「合格必勝編」と3冊も用意されており、いかにして学習を開始し、挫折することなく継続し合格を勝ち取るか、その効果的なテクニックやノウハウが詳細に提案されています。

このように列記してみると、フォーサイトは実にコストパフォーマンスが高く、受講生目線で作成された教材とカリキュラムを提供してくれる希有な講座であることを再認識させられました。

<< 前のページ次のページ >>

ユーキャン社会保険労務士講座の魅力

このページでは、受講候補のひとつユーキャンの社会保険労務士講座について述べていきたいと思います。

まず、社会保険労務士講座に限らずユーキャン全体で言えることが、知名度による安心感です。有名俳優やタレントを起用したCMが放映されているため、多くの人が「通信講座といえばユーキャン」という認識だと思われます。

もちろん、そうしたイメージや知名度だけで受講する講座を決めてしまうことには賛成できませんが、〝誰もが知っている〟という企業への安心感は、約7万円もの投資をする上では大きな要因となるのかもしれません。

また、ユーキャンの魅力の一つにテキストが、テキストがわかり易いということです。イラストを多用し脚注も充実しているなど、難解な法律用語やその解釈に関しても、かみ砕いた表現で初学者でも理解できるよう、わかりやすく説明されています。

PCで他の受講生との交流が可能

ユーキャンのもう一つの魅力は学習サポートシステム「学びオンライン」です。受講生一人一人が自身のページを持つことができ、そこに試験や受講に関する情報が提供されます。

さらに、受講生同士の掲示板も用意されているため、アドバイスを受けることはもちろん、逆に自分が知っていることを教えることも出来るなど、他の受講生と交流を図ることが可能です。時として孤独感を感じる通信講座の学習ですが、このサービスならお互いが励まし合い、一緒に頑張ることが可能です。

なお、学習が滞っている受講生には指導部から応援レターが届くなど、多くの学習支援体制が敷かれています。

<< 前のページ次のページ >>

ユーキャンとフォーサイトの社労士講座概要

ユーキャンとフォーサイト、両講座の魅力を語る前に双方における社会保険労務士講座の概要を確認しておく必要があります。下記に双方の講座の受講料、教材、サポート体制、合格率を列記してみました。※2015年3月現在

 

ユーキャン

フォーサイト

受講料

79,000円

66,800円(DVDコース)

テキスト形態
/冊数

2色刷り・A4サイズ・10冊

フルカラー・B5サイズ・11冊

問題集

過去6年分の試験問題、その解説となる過去問攻略集、選択式攻略問題集。
基本確認ドリル

オリジナル問題集10冊、解説付き。模擬試験。
確認テスト。

講義メディア

1教科40分程度のガイダンスDVD

テキストに連動した講義DVD37枚

副教材

ガイドブック

学習ガイト本3冊(入門編、学習方法解説、試験ガイド)

eラーニング

webテスト
ガイド動画視聴

テキスト、講義動画、講義音声の視聴、ダウンロード
確認テスト、単語カード、用語集
質問対応、スケジュール管理

受講生サポート

科目別添削、模擬試験添削導、指導部からの応援レター

メール質問対応、講師ブログやメールマガジンでの試験・講座情報の提供

合格率

未公表

30.63%(14年度試験)

資料請求はこちらから

資料請求はこちらから
教材サンプルももらえます

受講料は1万円強の差があります。ユーキャンは、講義動画がガイダンス的な簡単なもの、過去問は実際の試験問題そのものと解説と、軽めの構成になっています。一方のフォーサイトは、講義動画は1時間半平均くらいのものが37枚、過去問を編集して傾向別にまとめたオリジナルの問題集、パソコンや携帯電話のネット環境を活用した無料で利用できる学習システムがあるなど、つくりこんだ内容になっています。双方の特徴が現れた講座構成なので、好みに応じて選べます。

みなさんはどの要素を重視することでしょうか。もちろん、実際の検討の際には双方に資料請求し、より詳細な情報を基に検討することをお勧めします。では、次ページからは双方の魅力について紹介したいと思います。

<< 前のページ次のページ >>

比較講座はユーキャンとフォーサイト

資格予備校の1/3~半額程度というリーズナブルな受講料。自身のスケジュールに合わせ学習できる自由な学習スタイル。そして、わかりやすさを追求した教材やカリキュラムに充実したサポート体制。これらのメリットから、特に会社に勤める多忙な社会人の方には通信講座をお勧めしました。

とはいえ通信講座も数多存在し、初学者の方にはどの視点で講座を選んで良いのか悩まれることかと思います。しかし、ご安心下さい。2つの通信講座を実際に受講経験のある私がお勧めし、みなさんが検討する講座はわずか2つ

それが、CMでもお馴染みの通信講座最大手「ユーキャン」と、いま、ネットなどの口コミで話題の新進講座「フォーサイト」です。

この他にも名の通った通信講座もいくつが存在します。しかし、費用(受講料)に対する、教材やカリキュラム、そしてサポート体制などの費用対効果で総合的に判断した場合、最後に残る候補講座はこの2つになると思います。

最後に残る候補はこの2講座

私も実際に他の講座を受講しているわけではありませんが、10以上の講座のホームページを精読し、かつ資料請求した上での結果であり、多分、みなさんもそれ以上の比較要素で検討されることはないでしょう。

加えて、私は2年目の挑戦時にユーキャンを、合格した3年目の挑戦時にはフォーサイトを受講した経験者であり、双方のメリットとデメリットを熟知していると自負しています。

もちろん、この提案に疑問がある方はその他の講座へも資料請求することをお勧めします。そうした「自分の目で確かめる」姿勢は素晴らしいことですし、その結果で選んだ講座ならば、その方にとって最適な講座なのでしょう。

繰り返しになりますが、多くの方はその最終候補にユーキャンとフォーサイトが残るのではないかと思われます。それほどこの2つの講座のコストパフォーマンスは優れていると言えるのです。

それでは、次ページからは通信講座最大手のユーキャンと、いまもっとも注目の講座フォーサイトを検証していきたいと思います。もちろん、最後にいずれかの講座を選ぶのは、あなた自身です!

<< 前のページ次のページ >>